2022年度 研究会(第17回)

日本ミルトン協会第17回研究会を対面およびZoom形式を併用して開催いたします。

会員の皆様にはZoomアドレスは12月12日(月)頃にメールを通じてお送りする予定です。会員以外の方でZoomでの参加をご希望の場合、所属と氏名を明記し、john.miltonアットマークmaj.gr.jp(「アットマーク」を@に変えてください)までご連絡ください。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大の状況により、開催形態に変更が生じた場合、メーリングリストとホームページを通じてご案内いたします。

〇日時:2022年月12月17日(土) 午後3時より

〇会場:青山学院大学 青山キャンパス 17号館 17507教室
    ※会場へのアクセスはこちらをご覧ください
    ※キャンパスマップはこちらをご覧ください

〇研究発表
1) 金子 千香 氏 
  「ラテン語詩群におけるパウロ的詩人としてのミルトン像
   ―詩神ポイボスに倣いて」

2) 川崎 和基 氏 
  「魂はなぜ眠るのかーMiltonとMortalist Heresy」

2022年度研究会(第17回)について

第14回研究会を12月17日(土)の日程で開催することを決定いたしました。

開催形態は、対面とオンラインを併用する形式で調整しています。
対面でおこなう場合、青山学院大学または東京会場を予定していますが、詳細は後日ご連絡いたします。

なお、今後の国内外の情勢及び各大学の対応によりまして、日時・場所等改めて変更させていただく可能性もありますので、あわせてご承知おきのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

IMS 13 続報

第13回 国際ミルトン学会 IMS13 (The Thirteenth International Milton Symposium) の続報をお知らせいたします。

学会開催期間 2023年7月10−14日
開催地 University of Toronto (Canada)

プロポーザルの締め切りは2022年7月31日です。
詳しくは以下をご覧ください。
(ポスターは一番下のURLからダウンロードできます)

2022年度研究大会(第13回)

日時  2022年7月2日(土)14時00分より[13時45分受付開始]
場所  龍谷大学深草キャンパス22号館302号室         Zoomによるオンライン同時配信 [13時45分より入室可]

○ 委員会(12:30~13:40)           22号館302号室

○ 開会の辞(14:00~14:05)
                       会長 冨樫 剛

○ シンポジウム (14:00~16:15)
本当らしさと驚異
――タッソ、スペンサー、ミルトンにおけるエピックとロマンス
                  オーガナイザー  森 道子

1.トルクァート・タッソの詩論における「本当らしさ」と「驚異」について
                          村瀬 有司

2.女戦士は「本当らしい」か
――『エルサレム解放』のクロリンダ・『妖精の女王』のブリトマート
                          水野 眞理

3.タッソの詩論とParadise Lost
                           森 道子

               

○ 総会(16:20~16:50)            司会 冨樫 剛
1 2021年度活動報告                                    
                           笹川 渉
2 2021年度会計報告および会計監査報告
               花田 太平、金﨑 八重・桶田 由衣
3 2022年度予算審議
                          花田 太平
4 2023年度ー2025年度 会長および委員について
                          冨樫 剛
5 論集の発行について
                          冨樫 剛
6 今後の活動予定
                          冨樫 剛
7 その他
                          冨樫 剛
○ 閉会の辞(16:50~16:55)          
                       会長 冨樫 剛

 研究発表、シンポジウムの概要はこちらをご覧ください。

IMS 13

第13回 国際ミルトン学会 IMS13 (The Thirteenth International Milton Symposium) が下記の日程で開催されることが決定しました。

開催日時:2023年7月10-14日
開催地:トロント(カナダ)
開催委員長:John Rogers (University of Toronto)

現在のところ詳細は不明です。分かり次第、情報を共有させていただきます。

2021年度研究大会(第12回)

日時  2021年12月11日(土)14時00分より[13時50分受付開始]
場所  青山学院大学青山キャンパス17号館17407教室 Zoomによるオンライン同時配信 [13時50分より入室可]

JR 山手線、JR 埼京線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線 他「渋谷 駅」より徒歩 10 分
東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」より 徒歩 5分

○ 委員会(12:30~13:40)         17号館 17407教室

○ 開会の辞(14:00~14:05)         会長 冨樫 剛

○ 研究発表(1. 14:10~14:50 / 2. 15:00~15:40)  

1.『楽園の回復』における誘惑のシーケンスに関する一考察
――共観福音書との比較を手がかりに        上滝 圭介
                      司会 西川 健誠

2. フランス革命におけるSatanのイメージ      天海 希菜
                      司会 川島 伸博                

○ 休憩(15:40~15:50)

○ 総会(15:50~16:20)           司会 冨樫 剛
1 活動報告                    笹川 渉
2 2020年度会計報告および会計監査報告
               花田 太平、金﨑 八重・桶田 由衣
3 2021年度予算審議                   花田 太平
4 7月研究大会、12月研究会とすることについて     冨樫 剛
5 来年度の活動予定                 冨樫 剛
6 大会の出欠を葉書からオンラインにすることについて 笹川 渉
7 論集の発行について                冨樫 剛
8 その他

○ 閉会の辞(16:20~16:25)         会長 冨樫 剛

 研究発表、シンポジウムの概要はこちらをご覧ください。

第12回 研究大会について

第12回研究大会を12月11日(土)の日程で開催することを決定いたしました。

同大会では、研究発表2本と、あわせて総会をおこないます。
開催形態は未定ですが、対面とオンラインを併用する形式で調整しています。
対面でおこなう場合、青山学院大学または東京会場を予定していますが、詳細は後日ご連絡いたします。

なお、今後の国内外の情勢及び各大学の対応によりまして、日時・場所等改めて変更させていただく可能性もありますので、あわせてご承知おきのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2021年度研究会(第16回)

日時:2021年7月3日(土)14時00分より16時15分


本研究会はZoomにより行われます。参加のアドレスは後日メールにてお送りいたします。

○参加⽅法
研究会に参加するアドレスは、MAJ会員の方には、研究会1週間前の6⽉26⽇(土)と研究会前⽇の7⽉2⽇(⾦)13時頃に、メーリングリストを通じてお知らせします。会員以外の方で参加をご希望の場合、所属と氏名を明記し、john.miltonアットマークmaj.gr.jp(「アットマーク」を@に変えてください)までご連絡ください。

○ シンポジウム (14:00~16:15)

ミルトンの音楽性
                  オーガナイザー 金﨑 八重
1.ミルトン青年期の音楽観               佐野 弘子
2.ミルトンの詩と後世の芸術家たち ――調和と融和―― 金﨑 八重
3.ミルトンとハーモニー ――フライ/ペンデレツキを中心に――
                          倉恒 澄子

プログラム、シンポジウム概要(PDF)はこちらをご覧ください

2020年度研究大会(第11回)

日時  2020年12月12日(土)14時00分より Zoomにて開催

本大会はZoomにより行われます。参加のアドレスは後日メールにてお送りいたします。

参加方法:
MAJ会員の方には、大会1週間前の12月5日と大会前日の12月11日13 時頃に、メーリングリストを通じて大会に参加するアドレスをお知らせします。
会員以外の方で参加をご希望の場合、所属と氏名を明記し、john.miltonアットマークmaj.gr.jp(「アットマーク」を@に変えてください)までご連絡ください。


プログラム

○ 委員会  (12:30~13:40)                                           

○ 開会の辞(14:00~14:05)        会長 冨樫 剛

○ 研究発表(1. 14:10~14:50 / 2. 15:00~15:40)
                    司会 渡辺 賢一郎

1. 宗教詩における「あなた」と「私」     西川 健誠

2. 稀覯本としてのJohn Boydell版The Poetical Works of John Milton

                      加藤 遼子

○ 休憩 (15:40~15:50)

○ 総会 (15:50~16:20)         司会   冨樫 剛

活動報告                   笹川 渉

会計報告および予算審議           花田 太平

会計監査報告           金﨑 八重・桶田 由衣

来年度大会・研究会予定            笹川 渉

その他  

○ 閉会の辞(16:20~16:25)        会長  冨樫 剛

プログラム、研究発表の概要(PDF)はこちらをご覧ください